Pathee engineering blog

世界をしなやかに変えるエンジニアたちのブログ

「レガシーをぶっつぶせ。現場でDDD!2nd」の 第2部 C に参加した

『レガシーをぶっつぶせ。現場でDDD!2nd 「インプット<アウトプット!」』 第2部 かとじゅんさんの「C:モデリングワークショップ 〜割り勘ドメイン編〜」に参加してきたのでその参加記です。

genbade-ddd.connpass.com

よくDDDは「実際にやってみるとわかる」というのはよく聞いていたのですが、 それを同じようなモチベーションでやってみようという人が集まってやってみる場というのはとても貴重でした。

今回はその中の1パートで行われた、割り勘ドメインモデリングワークショップでやったことと、その感想を書いていきたいと思います。

続きを読む

Pathee メディアのコンポーネントを styled-components と Atomic Design で作り替えました

Pathee メディア

これは Pathee Advent Calendar 2019 の13日目の記事です。

Pathee でエンジニアをしている irihit です。本記事では、サーバーサイドエンジニアが React と styled-components を使って、フロントエンドの開発を行なった体験を紹介させていただきたいと思います。

続きを読む

Google Apps ScriptとGoogle カレンダーを使って会議室の予定終了5分前に音楽を再生する

Pathee Advent Calendar 2019 の12日目の記事です。

この度Patheeの会議文化をハックする部隊に任命してもらいまして、エンジニアリングで会議をよくできないか考え、実行しています。

現状、会議の終了時刻に話題の収束が間に合わず、次の予定との転換に時間がかかることがあり、終了前に通知して話題が時間内に収束するよう、Google Apps Scriptを用いてリマインドするアプリを作ってみました。

続きを読む

SentryのUserFeedbackをSlackに通知する仕組みを作る

SentryのUserFeedbackをSlackに通知する仕組みを作る

弊社ではメディアの記事を完成させるためのコンテンツマネジメントシステム(CMS)のエラー検知にSentryのUserFeedbackを利用しています。

docs.sentry.io

記事ライターさんがCMSでの作業中エラーに遭遇した場合、専用のダイアログを表示、エラーが起きた状況を入力してもらうことで、UserFeedbackの登録が完了します。

エンジニアはこのUserFeedbackの内容を受け、エラーを改善することで、ライターさんが快適に作業ができるようにしているのです。 しかしこのUserFeedbackは、現在メールへの通知しか行っていないのです! Sentryのエラー自体の通知はSlackに飛ばせるのになぜ…。

今回はUserFeedbackをSlackに通知するために、 GASを使って、UserFeedbackのメール内容を抽出、Slackに通知する仕組みを作りたいと思います。

続きを読む

Django2でのディレクトリ構成について

これはPathee Advent Calendar 2019の8日目の記事です。

Django 3リリース!!!

いきなりですが、Django3がGAになりましたね!

www.djangoproject.com

でも残念!この記事は2系ベースだよ!!

(´・ω・`)

偶然なんですが、PHPで開発していたときもPhalconが3に上がったりしたので、またかと思いもしています。

なんでDjangoの話?

Patheeのプロダクトのバックエンドは、Djangoと同じくPythonフレームワークであるFlaskで実装されているのですが、 管理画面のフルリプレイスを検討した結果、Djangoでいってみよう!ということにしたので、実はDjangoでもプロダクト開発をしているからです。

Djangoを触ってみて最初に戸惑ったのが、プロジェクト(django-admin startproject)とアプリケーション(django-admin startapp)のテンプレートコードが生成される場所でした。 チュートリアルの通りに進めていくのは、管理と把握しづらさが抜けなかったので、 いくつかの記事やプロダクトを参考にさせてもらいながら、私がたどり着いた構成は以下になります。

続きを読む

懸垂をHackする

これはPathee Advent Calendar 2019の4日目の記事です。

Patheeのエンジニアの牧村です。 本日は弊社のバリューである「課題に恋い焦がれる」に乗っ取り、「懸垂」という「課題」に恋い焦がれる話をさせて頂きます。

まずはじめに断り書きを。

本エントリーの内容は個人の見解で、Pathee社としての公式な意見ではありません。

エントリー中に記載の内容は、何かの結果を保証するものではありませんが、熱意と根性と気合でなんとか実現できるものと信じています。

続きを読む